スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2016年07月31日

暑中お見舞い申しあげます



梅雨が明けて、夏の日差しが戻ってきましたface02

気温が上がってきて、体調が気になるところですが・・・
入道雲がもくもくと広がる空を見上げると
夏はこうでなくちゃ!という気持ちになりました。

友人から涼しげなお菓子が届いたので
記念にパチリ





和菓子には季節感が込められてますねicon12



  


  • 2016年07月18日

    熊本からの声

    昨日、熊本から来られた演奏者による小さなコンサートに行ってきました。




    パーカッション&マリンバ演奏
    木野聖子さん

    「東大和子ども劇場」の企画でした。

    木野さんは、熊本県益城町の出身、益城町の自宅は半壊のため、現在は避難所ではないが自宅から離れて生活されている。コンサートの企画は地震前から決まっていたこと。地震後、木野さんとやりとりしながら、応援の気持ちも込めて今回の企画の実現となったそうだ。

    演奏後の木野さんのトークから、印象に残ったことを紹介すると・・・

    ・東京にも演奏家はたくさんいるのに、わざわざ熊本から呼んでもらったことに感謝。この演奏会があることが、心の支えとなって、乗り越えられたことがある。

    ・地震を経験して、一番大事なのはご近所とのつながりだと実感。今必要な情報が入ってくるのも、留守の家を気遣ってくれるのも、お隣さん。

    ・「くまもんあのね」のことを話すと涙が出てきてしまう。励ましの言葉も慰めの言葉もいらない。ただ気持ちを聞いてくれる相手、気持ちを出せるところがあることが求められている。


      


  • 2016年07月17日

    東大和の文化財ボランティアHP

    ご無沙汰しています。
    遠距離介護のため、自分の時間が少なくなっていることも関係していますが

    このサイトの中で紹介していた
    東大和の博物館情報は、
    「東大和の文化財」というタイトルで
    東大和の文化財ボランティアが発信していくことになりました。

    吉岡堅二さんの作品展示情報や
    東大和郷土美術園の公開情報は
    「東大和の文化財」HPで、ご覧ください。



    ★次回企画展示は
    会期:9月17日(土)~10月16日(日)
    会場:東大和市立郷土博物館 

    鳥の絵を多く描いた日本画家吉岡堅二。
    その生誕110年にちなんで、
    110羽の鳥の絵を展示するよていだそうです。