2011年07月11日

「私の本棚」カテゴリーをつくります

『54歳のハローワーク+アラウンド定年の就活ハンドブック』吉川紀子・竹内康代共著(集英社)

長いタイトルですね・・・「負けない、折れない50代女子の仕事探し術」というサブタイトルまでついています。
景気の悪化や高齢化の中で、転職や最就職の可能性はどの世代も高まっていて、50代の女性も例外ではないようです。結婚しているかいないか、子どもがいるかいないか、現在正規雇用かどうかにかかわらず、転職や最就職の問題に直面する可能性があるよ・・・と、突きつけられた思いです。




・10/26 「夜明けの縁をさ迷う人々」 小川洋子 (角川書店)

・10/24 「オリーヴ・キタリッジの生活」 エリザベス・ストラウト 小川高義/訳(早川書店)

・10/27 「下流の宴」 林真理子(毎日新聞社)

・11/5  「平凡な私が月300万稼ぐ7つの理由」 右近勝吉 (東洋経済新報社)

・11/15 「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ 小川高義/訳(新潮クレスト・ブック)

・11/26 「エドガー・ソーテル物語」  デイビッド・ロブレスキー  金原瑞人/訳(NHK出版)

・12/6  「天地明察」 冲方 丁

・12/15 「白銀ジャック」 東野圭吾 

・12/17 「傍聞き」 長岡弘樹(双葉社)

・12/22 「平成猿蟹合戦図」 吉田修一(朝日新聞社)

・12/25 「下町ロケット」 池井戸 潤(小学館)

・1/9 「オレたち花のバブル組」 池井戸 潤(文芸春秋)

・1/20 「クリスマスプディングの冒険」アガサ・クリスティー

・1/21 「冬の喝采」 黒木 亮(講談社)

・1/25 「おれのおばさん」 佐川光晴(集英社)

・1/29 「ぐるぐる七福神」 中島たい子(マガジンハウス)


























  • 同じカテゴリー(私の本棚)の記事画像
    里山資本主義
    「青春18きっぷ」ポスター紀行
    戦後70年の夏に読んだ本から
    「辞書になった男」
    漂流郵便局
    冬に
    同じカテゴリー(私の本棚)の記事
     里山資本主義 (2016-02-12 15:04)
     「青春18きっぷ」ポスター紀行 (2015-12-07 21:40)
     戦後70年の夏に読んだ本から (2015-09-23 12:15)
     「辞書になった男」 (2015-06-04 22:03)
     漂流郵便局 (2015-04-24 23:36)
     冬に (2015-02-04 21:02)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    「私の本棚」カテゴリーをつくります
      コメント(0)