2013年01月23日

款冬(ふきのとう)華咲くころの空



二十四節気の「大寒」が過ぎて、七十二候によると

1月20日~1月24日は「款冬(ふきのとう)華咲くころ」となるそうです。

「凍てつく地の下で、春の支度が進みます」
(日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしーより)

相変わらずの寒さですが、ふきのとうだけなく、木の芽も少しずつ育っているのでしょう。

今朝の朝日の中にも、春が近い色合いがあるように思いました。







  • 同じカテゴリー(今朝の空シリーズ)の記事画像
    縦に雲が走る朝
    雨水 
    季節の境目
    うろこ雲の朝焼け
    芒種
    梅雨の晴れ間
    同じカテゴリー(今朝の空シリーズ)の記事
     縦に雲が走る朝 (2016-06-01 13:03)
     雨水  (2016-02-20 14:54)
     季節の境目 (2016-02-03 09:21)
     うろこ雲の朝焼け (2015-11-21 13:49)
     芒種 (2015-06-11 18:00)
     梅雨の晴れ間 (2015-06-10 06:52)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    款冬(ふきのとう)華咲くころの空
      コメント(0)