2013年07月25日

世田谷文学館「宮沢賢治・詩と絵の宇宙―雨ニモマケズの心」

世田谷文学館で「没後80年 宮沢賢治・詩と絵の宇宙―雨ニモマケズの心」
を鑑賞してきました。



宮沢賢治の絵本の原画を多数展示。
[出品予定作家]
赤羽末吉、東逸子、荒井良二、飯野和好、石井聖岳、伊勢英子、伊藤亘、井上有一、いわさきちひろ、及川賢治、太田大八、大畑いくの、片山健、川上和生、工藤甲人、黒井健、小林敏也、近藤弘明、ささめやゆき、佐藤(佐伯)義郎、スズキコージ、関野準一郎、高野玲子、高松次郎、高村光太郎、竹内通雅、田島征三、田原田鶴子、司修、遠山繁年、中西夏之、名倉靖博、畑中純、深澤省三、堀内誠一、堀川理万子、松成真理子、マリ林、棟方志功、茂田井武、矢島峰月、矢吹申彦、吉田佳広、李禹煥(五十音順、敬称略)

もちろん、大好きな小林敏也さんの作品もありましたicon12

同じ原作でも、画家が違うと全く別の世界が広がります。
賢治の作品が画家のイマジネーションを刺激し、多様な表現を引き出すのでしょう。

子ども向けにスタンプコーナーもあり、宮沢賢治の絵本も取り揃えてあったので、ゆっくり半日楽しめます。

まだ読んだことのない賢治の作品もいっぱいあるので、この夏の読書に加えたいと思います。


  • 同じカテゴリー(博物館・美術館・ギャラリー)の記事画像
    東大和の文化財ボランティアHP
    群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」
    夜間特別開園~江戸東京たてもの園
    吉岡堅二展~旅の記憶~祈りのかたち
    画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか
    戦後70年企画「私たちのまちは戦場だった」
    同じカテゴリー(博物館・美術館・ギャラリー)の記事
     東大和の文化財ボランティアHP (2016-07-17 08:55)
     群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」 (2015-11-10 11:59)
     夜間特別開園~江戸東京たてもの園 (2015-10-27 20:34)
     吉岡堅二展~旅の記憶~祈りのかたち (2015-09-01 15:01)
     画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか (2015-08-10 18:47)
     戦後70年企画「私たちのまちは戦場だった」 (2015-07-13 17:24)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    世田谷文学館「宮沢賢治・詩と絵の宇宙―雨ニモマケズの心」
      コメント(0)