2014年05月06日

彩雲



早発白帝城 李白

朝辞白帝彩雲間
千里江陵一日還
両岸猿声啼不住
軽舟已過万重山
(唐詩選)

<書き下し>

早(つと)に白帝城を発す 李白

朝(あした)に辞す白帝彩雲の間
千里の江陵一日にして還(かへ)る
両岸の猿声(ゑんせい)啼(な)き住(や)まざるに
軽舟已(すで)に過ぐ万重(ばんちょう)の山


タグ :彩雲

  • 同じカテゴリー(雲のコレクション)の記事画像
    夏の名残りの夕方
    暑中お見舞い申しあげます
    梅雨の晴れ間の飛行機雲 
    縦に雲が走る朝
    季節の境目
    暖かさがちょっと戻りました
    同じカテゴリー(雲のコレクション)の記事
     夏の名残りの夕方 (2016-08-22 14:12)
     暑中お見舞い申しあげます (2016-07-31 19:08)
     梅雨の晴れ間の飛行機雲  (2016-06-11 18:59)
     縦に雲が走る朝 (2016-06-01 13:03)
     季節の境目 (2016-02-03 09:21)
     暖かさがちょっと戻りました (2016-01-27 18:36)

    この記事へのコメント
    唐の李白の詩に「早発白帝城(つとにはくていじょうをはっす)」と言うのがありますが、「朝に辞す白帝彩雲の間(あしたにじす、はくてい、さいうんのかん」とあります。かつてこの詩を吟じたことがあります。これがその彩雲なのでしょうか?雄大な自然の中、千里の江陵を一日にして還るほどの急流を軽舟が下っていく風景を詠んだもののようです。壮大さが目に浮かんで来るような感じがします。
    Posted by soushin2soushin2 at 2014年05月07日 20:17
    そうしんさん、ありがとうございます。教養が伝わってきます。李白の詩を、ブログの方にも引用させていただきます。
    Posted by タマヤータマヤー at 2014年05月08日 09:11
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    彩雲
      コメント(2)