2015年06月11日

戦後70年平和記念講演会~五日市憲法の現代的意義



直前のお知らせで恐縮です。

戦後70年平和記念講演
「五日市憲法草案の現代的意義と起草者・千葉の東大和滞在の謎に迫る」
新井 勝紘氏(元専修大学教授)

【日時】6月13日(土曜日)午前10時45分~午後0時30分
【場所】中央公民館 ホール

自由民権運動が盛んだった明治期に生まれた「五日市憲法草案」。
現憲法との共通点も多いこの草案は、五日市町勧能学校(現・あきる野紙立五日市小学校)教員の
千葉卓三郎が地元の青年たちと起草したものです。
本講演では、最初にこの草案を発見し手にした新井勝紘氏に
五日市憲法草案について紐解いていただき、
また千葉卓三郎の東大和滞在の謎について触れていただきます。



  • 同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
    東大和の文化財ボランティアHP
    映画「ふるさとがえり」上映会
    多摩コミュニティビジネス シンポジウム2016
    群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」
    2015 石田倉庫のアートな2日間
    映画「縄文号とパクール号の航海 」
    同じカテゴリー(お知らせ)の記事
     東大和の文化財ボランティアHP (2016-07-17 08:55)
     映画「ふるさとがえり」上映会 (2016-03-10 15:40)
     多摩コミュニティビジネス シンポジウム2016 (2016-02-06 20:57)
     群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」 (2015-11-10 11:59)
     2015 石田倉庫のアートな2日間 (2015-10-01 14:13)
     映画「縄文号とパクール号の航海 」 (2015-09-18 19:59)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    戦後70年平和記念講演会~五日市憲法の現代的意義
      コメント(0)