2015年08月10日

画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか



戦後70年の今夏、戦争や平和をテーマに、各地でいろいろな企画があります。
そのひとつ
画家たちと戦争~彼らはいかにして生きぬいたのか~

この戦争の時代を生きぬいた代表的な画家たち(洋画家、日本画家、版画家の総計14名)の各時期に制作された作品(基本的に各3点、総計9点)を展示して、作品の変遷を展望することで、彼らが戦争を「いかにして生きぬいたのか」について検証しようとするものだそうです。

東大和市の郷土博物館からも、吉岡堅二の作品 《海浜》 が出品されています。
岡山へ帰省する際に、立ち寄ってみたいと思っています。


・会期
  2015年7月18日(土)~9月23日(水・祝)
 前期・後期で一部展示替えがあります。
 前期:7月18日(土)~8月23日(日)
 後期:8月25日(火)~9月23日(水・祝)
・開館時間
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
・休館日
毎週月曜日(7月20日は開館、7月21日は休館、9月21日は開館)
・主催
名古屋市美術館、中日新聞社
・後援
愛知県・岐阜県各教育委員会
 名古屋市立小中学校PTA協議会
・協力
名古屋市交通局



  • 同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
    東大和の文化財ボランティアHP
    映画「ふるさとがえり」上映会
    多摩コミュニティビジネス シンポジウム2016
    群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」
    2015 石田倉庫のアートな2日間
    映画「縄文号とパクール号の航海 」
    同じカテゴリー(お知らせ)の記事
     東大和の文化財ボランティアHP (2016-07-17 08:55)
     映画「ふるさとがえり」上映会 (2016-03-10 15:40)
     多摩コミュニティビジネス シンポジウム2016 (2016-02-06 20:57)
     群馬直美展「街路樹 葉っぱの詩」 (2015-11-10 11:59)
     2015 石田倉庫のアートな2日間 (2015-10-01 14:13)
     映画「縄文号とパクール号の航海 」 (2015-09-18 19:59)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか
      コメント(0)